子供と催眠療法

子供は大人よりもずっと催眠に入りやすく、8~12歳がそのピークです。大人は催眠中に目を閉じていることを好みますが、多くの子供は催眠中も目を開けたままを好み、また、歩くことを好む子供たちもいます。

 

●子供の痛み

子供が痛みを感じるときは、彼らは何が起こっているか理解できないかもしれない。このため、不安により、痛みがより複雑になるかもしれない。年齢にあった、適切で思慮深い説明と共に、催眠療法を行うことで、痛みの軽減へとつなげることができる。深刻で慢性的な痛みの場合には、他の医療専門家と共に協力体制を組み、治療を行うことを望む場合もあります。

●不安障害

分離不安において、催眠は、ファミリーガイダンス、心理療法、そして時には投薬などを含む包括的アプローチを補完することができる。分離不安にある時、子供の内面で両親を表象してもらうことにより、その子の不安を軽減することができる。反応性不安(ストレスに直接的に関連する不安)の場合は、催眠は主要な治療選択となり、それ以上の治療は不要となるかもしれない。

●強迫性障害

認知行動療法は、大人同様に、強迫性障害を持つ子供や思春期の子供たちにも助けとなる。催眠療法は補助的な治療となり得る。

●AD/HD注意欠陥多動性障害

この症状の治療は、両親のトレーニング、薬の処方、教育的介入、精神(心理)療法、そして支援グループなどが含まれる。催眠は、自尊心、不安、集中力などの改善を通してこれらの治療を補うことができる。

●行動障害

子供や思春期の子を治療しているとき、両親や学校がゴールとすることと、その子たちが抱くゴールが、異なるかもしれない。そのような状況では、コントロールという問題が際立ってくるかもしれない。そのような状況で催眠療法を使う時は、子供たちがやりたくない事をするために催眠療法を使おうとはせずに、子供が達成したいと思う、ポジティブな事柄に集中できるように手助けするために催眠を使います。催眠は、子供や思春期の子が、彼ら自信が創造的な解決法を考えることを促し、反抗的な状態から抜け出る手助けをする。

© 2023 by Natural Remedies. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus
催眠療法 ヒプノセラピー 千葉県 不眠症 鬱 うつ

催眠療法 ヒプノセラピー 千葉県 不眠症 鬱 うつ