Treatments

催眠リラクゼーション

当センターでは、第1回目のセッションで、どのような問題の方にも、まず自己催眠によるリラクゼーションのやり方を覚えてもらいます。

 

ハーバート・ベンソン著「リラクセーション反応」には以下のように記述してあります。『自己催眠によるリラクゼーション反応は、副交感神経系を活性化し、ストレスがらみのコルチゾールを減少させ、呼吸数や心拍数や代謝率を低下させ、脳の血流を増やし、左脳前頭前野の活動を高め(幸福な人はこの部分が活発に活動している)、免疫力を強化し、リラクゼーション状態に導く。更に、自己催眠は痛みや仕事のストレス、不安、抑うつを緩和し、循環器系の健康を促し、認知機能を向上させ、血圧を下げ、アルコールへの依存を弱め、寿命を延ばし、体重管理を助け、緊張性頭痛や喘息を緩和し、糖尿病患者の血糖値をコントロールし、月経前症候群の症状や慢性疼痛を和らげ、免疫機能を増進し、生活の質を向上させます。

自己催眠によるリラクゼーション反応が効果を示す症状のリスト

狭心症・不整脈・アレルギー性皮膚炎・不安・軽度から中程度の抑うつ・気管支喘息・単純ヘルペス・咳・便秘・糖尿病・十二指腸潰瘍・めまい・疲労感・高血圧・不妊症・不眠症・妊娠中の悪心や嘔吐・イライラ・術後の腫れ・月経前症候群・リウマチ性関節炎・がん治療の副作用・エイズ治療の副作用・あらゆる痛み(腰痛・頭痛・腹痛・筋肉痛・関節痛・術後の疼痛・首や腕や脚の痛み

自己催眠によるリラクゼーション反応を習慣的に誘発すれば、ストレスが身体に与えるダメージを防いだり修復したりでき、さらには病気を予防したり、場合によっては治すこともできるのです。』

パーツセラピー

人は誰でも様々な側面を持っています。親切で優しい部分もあれば、意地悪で冷たい部分もあったり、大人っぽくてしっかりとした部分もあれば、子供っぽくてわがまなな部分もあったりします。

 

パーツセラピーでは、それらの側面を1人の人格として扱います。それらのパーツの中には表面的には悪い行動を起こしているように見えるパーツもありますが、悪い部分というものは一つもありません。どのパーツの行動にもその裏には肯定的な意図があって、その人のために最善のことをしていると思っています。私たちは自分の嫌いな面は押さえつけたり排除してしまおうとしてしまいますが、それらのパーツはみんなエネルギーを持っていますので、それらを押さえつけようとすることは、圧力釜に蓋をするようなもので、エネルギーの逃げ場を作ってあげないと、いずれは爆発してしまうのです。その状態が、何かとんでもない行動だったり、うつ状態だったり、病気だったりするのです。

 

パーツセラピーでは、これらのパーツを排除することが目的ではなく、これらのパーツにもっと役に立つような新しい役割を与えていこうとするものです。このパーツセラピーは、問題の根本原因を突き止めることができるため、とても効果のあるモダリティーの一つです。多くの場合、1回のセッションで変化を起こすことができます。

 

アイ・ムーブメントセラピー

アイ・ムーブメントセラピー(EMT)は、心的外傷後ストレス症候群、うつ、依存症、病的恐怖心、自尊心の問題を含む、感情的や精神的に問題を抱えている100万人以上の人に対して効果のあった、画期的な療法です。

 

アイ・ムーブメントセラピーは、複数の精神療法アプローチの優れた要素を統合し、そして脳の情報処理システムを刺激し眼球運動と組み合わせる、統合的な精神療法の方法の一つです。この双方からの刺激は、ブロックになっている精神的や感情的なパターンを打破させ、そしてもっと適応能力があり柔軟な(脳の情報処理)活動ができるようにサポートします。この双方からの刺激の代用として眼球運動を鈍化させる療法(EMDR)が開発されたことがはじまり、年月をかけて他の療法へと発展していきました。アイ・ムーブメントセラピーは、EMDRに似ており、無意識に働きかける広範囲な原理に基づくものです。

 

いくつかの対象試験によって、アイ・ムーブメントセラピーが、これまで行われてきたトラウマ治療方法の中で、一番徹底的に研究された治療介入で、効果があることが裏付けられています。レイプや戦闘、愛する人との死別や離別や事故、そして自然災害などに苦しむ人たちを対象とした最新の研究では、たった3回のセッション後に84~90%の心的外傷後ストレス症候群の治療ができたと報告されています。たとえその効果はゆっくりであったとしても、劇的な結果につながっています。アイ・ムーブメントセラピーは、個々の適切な割合と状況に沿って変化していくのをサポートするよう構成されています。

セラピューティック催眠

病気やけがに特化したイメージ療法です。イメージの力を使って人間が本来持っている能力である自己治癒力を高めていきます。癌に対するサイモントン療法や、安産のためのヒプノバースなどがあります。

 

ヒプノバース

本来、出産は自然で楽なことなのです。ですが、恐れや不安があると痛みが強くなるのです。出産は痛くて辛いものだと刷り込まれていると余計に痛くなるのです。

 

恐れや不安を感じると、筋肉は緊張します。身体が固い人がストレッチで無理やり押されると痛いですが、子宮や産道も筋肉でできているので、恐れや不安を感じると、硬く緊張してしまうのです。それが無理や押し広げられれば同然痛みは強くなります。それにはリラックスが必要ですが、リラックスしろと言われてもできないものです。でも自己催眠を使えば出産の場面でもすぐにリラックスができるようになり、痛みのない楽な出産ができるようになります。また無理なく生まれてきた赤ちゃんはIQが高くなるという研究結果もあります。

 

 

ACTセラピーカウンセリング

ACTは世界最前線の科学も注目する「マインドフルネス」の汎用性活かし、幸福を実現するための新たな臨床科学です。従来の心理モデル、セラピーでは、「”問題/苦悩/ネガティブな感情”をどのように管理/対処するか?どのように克服するか(打ち勝つか)?」にメイン・フォーカスが当たっていたのに対し、ACTにおいては「”問題/苦悩/ネガティブな感情”は生きている以上あって当たり前。それらを解決/管理/対処することを手放し、受け入れる。しかしながら、その姿勢こそが変化へのパワーを生む」という、ダイナミックな矛盾に基づいたアプローチをとります。そして、「苦悩/問題を抱えたままでも”高次の価値”、”自分が人生で本当に実現したいこと”を発見・強化し、行動していく「コミットメント」の姿勢を持つことで、私達は誰でも幸福になれる」という哲学に基づき、「価値の発見」「行動」のための介入を行います。

 

効果・効能
*催眠療法は医療行為ではございません。診断行為はできませんので事前に医師による診察を受けてください。
*催眠療法は個人差があります。必ず治るというものではございません。あくまで期待ができるという範囲内での効果・効能となります。

・問題があって行き詰っている。

​・心の中で2つの異なる感情が葛藤している。

・もっと自分に自信を持ちたい。

・はっきりNOと言いたい。

・人前で緊張しすぎる。

・問題行動を自分の望む行動に変えたい。

​・夜ぐっすり眠りたい。

・スポーツや勉強でいい成績を残したい。

・自分の感情にもっと上手く付き合いたい。

・異性に対してもっと積極的になりたい。

・過去のトラウマを解決したい。

・生き辛さを感じている。

・なりたい自分になる。

​・もっと生き生き過ごしたい。

 

●ジェイミー・フェルドマン博士は『臨床ヒプノセラピー』の分野で博士号を保持されている催眠療法家です。重度のトラウマや精神疾患のクライアントの臨床経験が30年以上にも渡る実力派です。パーツセラピーのパイオニアであり、IHF(国際催眠連盟)のメディカル・デンタル部門のチーフディレクターでり、同連盟からから2001~2005毎年賞を授与されています。私は3年にわたりジェイミー・フェルドマン博士から100時間を超えるトレーニングを受けています。

© 2023 by Natural Remedies. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus