過敏性腸症候群と催眠療法

過敏性腸症候群は、風邪の次に病院で患者が多く診察を受ける症状と言われています。消化器官には腸の神経系である、自らの脳があります。頭の脳からの指令なしに反射行動を考えることが出来、また同時に頭の脳へと継続的にメッセージをおくっています。例えば、あなたがストレスを感じると、この「腸の脳」もそのストレスを感じ取ることがあります。そして、消化器官にとどまっている不快感が、頭の脳にストレスを与えるのです。催眠のヒーリングテクニックでは2~6回のセッションの中で、過敏性腸症候群を引き起こしている腸の無意識な反応を抑制する施術を行います。この新たな方法は成功している事例の中でも革新的です。

© 2023 by Natural Remedies. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus